イランアメリカ大使人質事件の概要とその後は?映画アルゴの内容も!

スポンサードリンク
みなさんこんにちはsepapaです 日々気になったことを徒然なるままに綴るこのブログ 本日はテレビネタということで、気になるテレビ番組のお話です その気にな...

みなさんこんにちはsepapaです
日々気になったことを徒然なるままに綴るこのブログ
本日はテレビネタということで、気になるテレビ番組のお話です

その気になるテレビ番組とは、前回記事に続きこちら

世界まる見え!テレビ特捜部|日テレ
2016年10月3日(月) 19時00分~21時00分
http://www.ntv.co.jp/marumie/

世界中のマヌケな悪い人たちを紹介するスペシャルとのことですが、
イランアメリカ大使人質事件
が扱われるそうです

かなり長期にわたる衝撃的な事件ですが、番組ではどうやって
『マヌケ』として取り扱うのでしょうか?

というわけで今回は、イランアメリカ大使人質事件に迫りたいと思います

イランアメリカ大使人質事件の概要は?

イランアメリカ大使人質事件の概要はこちら

イラン元国王モハンマド・レザー・パフラヴィーのすすめる西洋化に
反対するルーホッラー・ホメイニーらイスラム法学者
反体制派はパフラヴィー国王から弾圧を受け、フランスのパリに亡命

しかしながらイラン経済の不調により、パフラヴィー国王に対する国民の不満は高まる
国内外から王政打倒を目的とした活動を受けたパフラヴィー国王はエジプトに亡命
最終的にはアメリカに亡命することに

反体制派が敵視するアメリカがパフラヴィー国王を受け入れたことで、
イスラム法学校の学生がテヘランのアメリカ大使館に抗議デモを行い、
1979年11月4日には大使館を占拠、アメリカ人外交官や海兵隊員とその家族の
計52人を人質とし、アメリカに対しパフラヴィー国王の身柄引き渡しを要求した

占拠の際脱出したアメリカ人外交官6名は、カナダ大使館へ匿われる
カナダのケン・テイラー大使等の配慮により、6名を『アルゴ』という架空のSF映画の
カナダ人撮影スタッフに変装させて脱出させる

その後アメリカ政府はパフラヴィー国王の出国、軍事作戦、交渉等を試みるが、
人質奪還にすべて失敗

最終的には1980年7月27日にパフラヴィー国王が亡命先で亡くなったことにより、
大使館の占拠の理由が薄れ、1981年1月20日に人質が解放される

実に444日ぶりの解放となった

444日ってかなりすごいと思うのですが・・・
明らかに『マヌケ』としては扱えないですよね

どうやら番組ではアメリカ人外交官6名カナダに察出させた
『アルゴ』作戦の方にスポットをあてるようですね

映画アルゴの内容とネタバレとマヌケな点は!

実はこのアルゴ作戦、2012年に『アルゴ』というタイトルで、
映画化されています
監督・主演はベン・アフレック
第85回アカデミー賞作品賞を受賞した名作です

映画『アルゴ』自体はほぼ事実に基づく内容とされているので、
発生の前後関係を含む国外脱出までの流れは上記の通りです

おそらくなんでこんな作戦が成功したのかという点、
例えば、

  • 革命直後のテヘランでSF映画を撮影するという話にトルコの
    イラン大使館がなぜビザを発給したのか
  • イラン文化省がテヘランでのロケハンを簡単に許可したのか
  • 偽造パスポートで出国しようとしたときになぜ大使館に確認
    しなかったのか

という疑問に対してクローズアップするのではないかと思われます
どのようにまとめるのか、解釈が楽しみなところではあります

ただ原因となった事件全体はひどいものですが・・・

イランアメリカ大使人質事件のその後は?

1981年1月20日に人質が解放が解放された後、
この事件はどういった展開を見せたのでしょうか?

人質自体は全員解放され、亡くなられた犠牲者は
ひとりも出なかった様です
その後解放された人質は賠償金を求める運動を始めます
(イラン政府ではなく、アメリカ政府に対してですね)
そしてこの2015年、36年ぶりにやっとのことで
補償金が認められました

イラン米大使館占拠事件の元人質へ36年経て補償金 来年1月にも対イラン制裁の段階的解除開始か
http://blog.goo.ne.jp/azianokaze/e/cff7f382488908397e4601fd1bbfc221

その金額は拘束一日あたり1万ドル
最大440万円を受け取ることになります
金額だけ見れば莫大ですが、拘束された444日は
帰ってきませんし、認められるまでの36年も
長すぎましたね・・・
元人質の中には既に亡くなられた方もいるそうです
複雑ですね・・・

また、人質をとって立てこもった犯人達はどうなったのでしょうか?
調べてみましたが、不思議と情報が出てこない・・・
おそらくイランの方で裁かれたものと思われます
となると比較的軽い刑で済み、とっくに社会復帰している
のでしょうね・・・
ちなみにテヘランのアメリカ大使館のあった場所には、
現在はパレスチナ大使館があるようです
現代にも続くアメリカとイランの溝を一層深くしてしまった事件でした

スポンサードリンク
 

まとめ

番組は『アルゴ』にスポットをあてるようですが、
別の機会にはぜひ事件全体と、現在までに続く
影響について取り上げてほしいものですね

それでは本日はこんなことろで

ではでは~

PREV:ニーヴ・シュルマンの過去の恋愛詐欺の概要は?現在や結婚についても!
NEXT:ソフトバンクCMの佐藤健の吹き出しの意味は?日本語に翻訳した!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です