パパ活第4話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?実の娘のようにできる??

スポンサードリンク
今回はパパ活4話についてお話します。先週ついにパパ(渡部篤郎)にいた実の娘について真実が明らかになりました。 パパ(渡部篤郎)が探していたのは、実の...

今回はパパ活4話についてお話します。先週ついにパパ(渡部篤郎)にいた実の娘について真実が明らかになりました。

パパ(渡部篤郎)が探していたのは、実の娘の代わりをしてくれる女の子でした。杏里(飯豊まりえ)を選んだのは、娘と誕生日が同じだからという理由でした。

4話では、どうして実の娘が亡くなったのかなぜ奥様が「私が死ねば良かったと思ってるんでしょ!!」と絶叫していたので、夫婦の絆を軸に話が進みそうです。そこに関わってくる杏里(飯豊まりえ)の事。パパの浮気相手として証拠写真を撮られてしまって、どうなるの??

 

前回までのあらすじは?

母に自分との方が年が近い恋人が出来た。目の前でイチャイチャされてたまったもんじゃない!と文句を言った杏里(飯豊まりえ)は逆に「じゃあ、出て行けば?」と追い出されてしまった。

友達に泊めてもらえばいいや、なんて気楽に考えていたけれど友達からは全部断れてしまった。親友だーって思ってたのにそれはただ知り合いに毛が生えて程度の繋がりだったのだと悲しくなる。

途方にくれていると、体の関係なしデートだけというサイト「パパ活」を教えてもらう。登録する気はなかったけれどノリで友達に登録されてしまう。そこで知り合ったパパ(渡部篤郎)が実は同じ大学の先生だった。

パパには実の娘を亡くしたという過去があり、実の娘の代わりを探していた。そこで知り合ったのが杏里(飯豊まりえ)だった。

最初は実の娘の代わりなんてって思っていたけれど、パパ(渡部篤郎)の心に触れていく度に何だか寄り添ってあげたくなる。

恋愛は望んでいないと知って、もちろん杏里もそんな気持ちはサラサラなかった。都合のいい関係だと思っていたけれど人間の心が交差して絡み合っていく。

 

第4話の見どころは?

4話のみどころは何と言っても、パパ(渡部篤郎)の過去を知った杏里(飯豊まりえ)が実の娘の代わりをしようと奮闘するところでしょうか。

まだ、杏里と浮気していると思ったパパの奥さんが問い詰めて、どんな展開になるのか注目しています。

東京タワーが見える素敵な隠れ家で、疑似親子として心を通わせる事を決めたけれど、何となく恋愛の予感もあるので大丈夫なの?

奥さんが「お前が死ねば良かったって思ってるでしょう!!」と叫ぶシーンが予告で出ていましたね。過去にとらわれて現在の大事なものをなくしてしまおうとしているパパこと栗山航(渡部篤郎)に向かって、杏里(飯豊まりえ)「マジ、お前が死ねって感じ!!」と気持ちをぶつけるシーンから、何かが始まるようなそんな予感がしました。4話が早く見たい!!です。

第4話のあらすじネタバレ!

「さすがに先生の単位は落とせないなー」とパパこと栗山航(渡部篤郎)と電話しながら楽し気に話す杏里。

フランス文学とは「自由恋愛主義」に根付いている。とフランス文学について話すと止まらないパパ。

そんなパパの話を楽し気に聞いていたら、インターホンが鳴る。

そこには、パパの奥さん(霧島れいか)がいた。

開けないわけにはいかないので、家にあげる。

 

奥さんと直接対決?!

 

必至に言い訳をする杏里(飯豊まりえ)「本当に体の関係はありません!!」

そうして語りだす奥さんから、パパこと栗山航(渡部篤郎)への思いと娘が亡くなった原因。

そして、夫婦がギクシャクしてしまった理由。

杏里は必死に平静を保って聞いているしかなかった。パパの美しい奥さんの涙が心に突き刺さった。

重圧に耐えきれずに、杏里はついにパパ活の相手が、大学の栗山先生だと友達に話してしまう。

奥さんとパパの間を取り持ちたい。そう考える杏里。

そこで友達からのアイディアで、パパに借りている隠れ家で連日のドンチャン騒ぎを繰り返す。

なぜ、そんな事をするのか。

大家からのクレームで駆けつけるパパ(渡部篤郎)が見たものは・・。

その部屋から杏里を連れ出し理由を問いただすと、杏里が「ウザイ、面倒、キモイ」となぜか反抗的に。

杏里はパパに言う

「10歳で亡くなった娘は、素晴らしく成長していると勝手に思い込んでるけどそんなわけない!!」

「結局パパが愛しているのは、自分だけじゃない!!」そうパパに突きつける。

反論がされると思ったが、「わかったよ」

一言だけ言い残して、静かにその場を去るパパ(渡部篤郎)

それをボーゼンと見送る杏里(飯豊まりえ)その心に芽生えた感情は・・・

そして、奥さん(霧島れいか)もパパの親友と言えない関係になっていた。それを知ったパパは・・・

 

第4話の感想

奥さんが、パパとギクシャクしてしまった理由を聞いてなるほどなと思ってしまいました。

娘を亡くして苦しむ奥さんをずっと優しくいたわっていたパパだけど、実はそれは違っていた。

パパは娘を亡くしても一見いつもと変わらない様子に見えたけれど、実は深く深く刻まれている傷になっていた。

もちろん自分の子供を亡くして苦しまない親はいない。だけどパパこと栗山航(渡部篤郎)が見せた周りの人を限界まで追い込んでしまう深い闇に驚きました。

それでも、表面には感情をあまり出さない怖さを感じこの怖さがどうやって杏里へ向かって、杏里との関係が変わっていくのかなと想像させる展開でした。

本当の娘のように振舞って、パパが思っている娘は成長していたらきっとこんな風になっていたよというのをパパ(渡部篤郎)に見せつけて、パパを現実の世界に戻そうとするところは迫力のシーンでした。

最後のパパに向かって「マジ、お前が死ねって感じ!!!」という所は杏里がどうんな気持ちで言ったのか娘の気持ち?それとも??

でも、感情をぶつけたのに穏やかに「わかった、わかったよ」というパパ(渡部篤郎)が何を考えているのか、次週の展開が気になりすぎます。

今回は、パパと奥さんがギクシャクしてしまった理由が分かりそこから夫婦が破綻へ向かっていく、そして杏里とどうなるの?!とやっぱり次が早くみたくなる回でした。

 

第4話の再放送予定は?

放送を見逃してしまいましたか?

安心してください、放送終了から1週間以内であれば、民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)で視聴可能です。

https://tver.jp/

次の話が始まるころには見られなくなってしまうため、まだご覧になってない方はぜひお急ぎください。

残念ながら再放送も見逃してしまった方も安心してください。
今なら期間限定で無料視聴可能です。
  キャンペーンが終了して損をする前に、ぜひ視聴してくださいね。
 
花にけだもの
  ※キャンペーンが終了している場合がありますので、詳細は公式サイトで確認してください。

 

次回の展開予想!

パパかと思った。

本当のパパかと思った。杏里(飯豊まりえ)が切羽詰まった声で言う。

正気に戻った。

何をもって正気といのかわからないけれど。苦しそうな声でパパ(渡辺篤郎)が言う。

シャワーを浴びるパパ。ベッドに横たわる娘。パパと娘疑似恋愛してしまったら・・・

親子の関係から発展があるのでしょうか。

私、先生(パパ)の事好きなのかな。好きなのかも。揺れ始めた杏里の心。

野島伸司脚本、人の心に問いかけるパパ活。次週が楽しみです。

 

スポンサードリンク
 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、

について書かせていただきました。

 

[FOD見直し]
PREV:さくらの親子丼第4話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?お母さんからを断ち切れ!
NEXT:今キョー第2話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?脅迫屋の仕事を手伝うことになった澪は??