パパ活第6話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?パパが好きです!!

スポンサードリンク
あ~もういろいろとウザイ!!小さい頃に離婚したママに連れられて二人暮らしだった杏里(飯豊まりえ)、最近母親に若い彼氏が出来て、家を追い出されてしま...

あ~もういろいろとウザイ!!小さい頃に離婚したママに連れられて二人暮らしだった杏里(飯豊まりえ)最近母親に若い彼氏が出来て、家を追い出されてしまった。行く当てもなく友達を頼るけれどことごとく断られて、ネットカフェ暮らしをしていると、友達からパパ活サイトの話を聞いた。体の関係なし、恋愛なし、食事とデートをするだけで援助をしてもらえるという何と都合のいいサイト。

そこで知り合ったパパの航(渡部篤郎)から、「隠れ家」を提供してもらっている。でも航には、10歳で娘を亡くしたという悲しい過去があった。杏里を選んだのは、亡くした娘と同じ誕生日、娘と同じ年だからだった。そうして始まった航と杏里の関係だったが、徐々に変化してそしてついに・・・

 

前回までのあらすじは?

ママと二人暮らしだったけど、ママに若い男が出来た。私の方が年が近い男だ。毎日私の前でイチャイチャして「いい加減にして!!」って言ったら、あんたが出ていけば?ってあっさりと追い出された。追い出されたって友達がいるから大丈夫なんて思ってたら、全員に拒否された。友達だと思ってたけど、知り合いに毛が生えただけの存在だったようだ。でもその友達が教えてくれたサイトで知り合ったパパこと航(渡部篤郎)と始まった不思議な関係。10歳で亡くした娘への思いから娘を美化していた航に、本当の娘はこんなに面倒なんだよって教える為に起こした行為で、航から提供してもらっていた「隠れ家」から追い出されてしまった

でも、考えるのは航の事ばかり。親子だから恋愛になんてならないし、年も離れすぎてるしと自分の気持ちをだましていたけれど、やっぱり航(渡部篤郎)の元に戻りたい!!と思って外に飛び出した時、航がそこに立っていた。

もう、航の奥さんの事も悲しい過去の事も何もかも頭からぶっ飛んで航の元に走り寄って、そしてついに。ないと思っていたのに航を好きになっていた自分に気づくのだった。

 

第6話の見どころは?

ついに超えてしまう、親子ごっこのライン。もう求めあう気持ちは止める事がでいない。年上の航(渡部篤郎)にどんどん惹かれていく杏里(飯豊まりえ)綺麗にライトアップされた東京タワーを眺めながら過ごす素敵な時間。

友達からは「そんなのただの不倫じゃん」と言われ、航の奥さん菜摘(霧島れいか)からは、「彼のペットだったら許せるけど、こんなのルール違反だ」と強く言われてしまいどうしたらいいのか分からなくなる杏里。

杏里の事が好きな実(健太郎)は、杏里に振られてしまい、コックの道を目指して頑張っていたのだが、実が働くレストランのオーナーであり菜摘とも深い関係になっている芳樹(橋本さとし)から、航の重大な秘密を聞いてしまう。まだ杏里を好きな実は、この秘密を知ってどうするのか。菜摘と杏里の対決はどうなるのか。見どころ満載な回になりそうです。

 

第6話のあらすじネタバレ!

お互いの気持ちがあふれ出し、ついに結ばれた二人。一夜明けて何となく照れくさい航(渡部篤郎)と杏里(飯豊まりえ)でした。

「後悔してる?」と聞く杏里、「いや、感謝してる。生きるエネルギーが沸く。いくつになってもそうした気持ちが原動力になるね」と照れ臭そうに言う航。それを見た杏里が航にからみたくなって「ウキウキした?」

「ウキウキしたんだ、私に恋してるから♡」と言っても反応がないので「してるの?してないの!?イエス?ノー?」

もう照れて答えられない航は、フランス語で「ユピ」と答える。ユピとは”ヤッター!!”という意味です。日本語で言うのが恥ずかしかった航はフランス語で言ったのだと思いますが、それが逆にかっこいいとさえ思ってしまいました。

それからは、二人で素敵な日々を過ごす。でも杏里には不安もあった。航に「あなたは、まだ橋の向こうにいる。私は行きたいけど何だか少し怖い気がする。」と伝えます。

杏里と航が一歩進んだ関係になったと気づいた菜摘(霧島れいか)は、杏里に「可愛いペットちゃんならいいけど、それ以外を許した覚えはない」と杏里に詰め寄ります。

でも、嫉妬している訳ではなくて娘と同じ年の子となんて気持ち悪いし人として許せないと言います。航と私(菜摘)は、みんなとは違う次元にいるから・・と。一体航と菜摘の間にはどんなことがあるのでしょうか。どうして菜摘はそんな風に言い切れるのでしょうか。

杏里は、航への気持ちを確かなものと思っていたけれどまたしても気持ちが揺らいでいくのでした。

 

第6話の感想

ついに、ついに航と杏里が結ばれましたね。翌日の朝は航の手作りサンドウィッチを、東京タワーが見えるベランダでお洒落に食べる。

ちょっと現実的でない空間が本当に素敵で、こんな風に暮らせたら楽しいだろうなと顔がほころんでしまいました。画面に映る航と杏里もとても幸せそうです。

それなのに、杏里(飯豊まりえ)は航(渡部篤郎)の事を遠くにいる、橋の向こうにいるといって不安な心があるようです。奥さんの事かな?と思ったのですが、10歳で亡くした娘との思い出から抜け出せないことを言っているようでした。

航(わたる)も航で、「残酷だけど少しずつ思い出が薄れてしまうのは仕方のない事だけどね、それでいいと言われているような気がするんだ」と優しい子だったからそんな気がすると言うのです。杏里に心を許して自分の持っている深い部分を隠し切れなくなっているのかなと思います。

そして、杏里に「君だけはいなくならないでくれ、俺のそばいてくれ」ぎゅーっと杏里を抱きしめるシーンでは航の言葉に出来ない思いが伝わって思わず見入ってしまいました。

奥さんの菜摘(霧島れいか)も今回は杏里に向かって必死に懇願したり、泣き落そうとしたり取り乱してしまっていたので二人が本気だという事が許せないという感じでした。そして、菜摘の不倫相手である芳樹(橋本さとし)が、コック見習いの実(健太郎)に告白する航と自分のとてもとても重大なこと、聞いた実もびっくりして言葉を失ってしまって、私もあまりの展開に頭がついていくのがやっとでした。

杏里はその秘密を知ったら一体どうなってしまうのでしょうか・・・・・。

 

第6話の再放送予定は?

放送を見逃してしまいましたか?

安心してください、放送終了から1週間以内であれば、民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)で視聴可能です。

https://tver.jp/

次の話が始まるころには見られなくなってしまうため、まだご覧になってない方はぜひお急ぎください。

残念ながら再放送も見逃してしまった方も安心してください。
今なら期間限定で無料視聴可能です。
  キャンペーンが終了して損をする前に、ぜひ視聴してくださいね。
 
花にけだもの
  ※キャンペーンが終了している場合がありますので、詳細は公式サイトで確認してください。

 

次回の展開予想!

このまま航と杏里の恋愛の話を中心に進むのかなと思っていたら!!!

奥さんの菜摘が少し暴れだします。え?悲劇のヒロインじゃなかったの?娘に嫉妬をしているんだって。それって・・・。航は航で、何もかも忘れてパリで再出発だなんてちょっとウキウキしている感じだったけれど、そんな簡単にはハッピーストーリーには向かわないぞというドキドキ感が次回の展開でありそうです。

菜摘の不敵なほほえみがすごく気になります。来週が待ち遠しいです。

 

スポンサードリンク
 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、

について書かせていただきました。

 

[FOD見直し]
PREV:監獄のお姫さま第5話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?赤ちゃんはどこへ?!
NEXT:民衆の敵第5話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?汚職議員は誰だ?