パパ活第7話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?パパから離れない!!

SEパパ
スポンサードリンク
どこにでもいる女子大生の杏里(飯豊まりえ)は、小さい頃に両親が離婚をして母親と二人暮らしだった。母親に若い恋人が出来て毎日目の前でいちゃいちゃされ...

どこにでもいる女子大生の杏里(飯豊まりえ)は、小さい頃に両親が離婚をして母親と二人暮らしだった。母親に若い恋人が出来て毎日目の前でいちゃいちゃされるのが、どうにもこうにも許せなくて文句を言ったら追い出された。

行く場所がなくて困っていたら、友達からパパ活サイトなるものを教えてもらった。ノリで登録されちゃったけど、出会うのはいわゆる典型的なおじさんばっかりでウンザリ。もういいやと思っていた時に出会ったのが航(渡部篤郎)だった。どことなく知性的でおしゃれな雰囲気にひかれて杏里のパパ活が始まった。体の関係なし、ただ一緒に食事をしたりすれば援助してくれるっていう簡単な気持ちだったのに少しずる杏里の気持ちの変わっていく。。。

 

前回までのあらすじは?

大学に通う杏里(飯豊まりえ)は、母親に若い恋人が出来て家を飛びだした。友達から聞いた「パパ活サイト」にノリで登録をして杏里のパパ活が始まった。体の関係なし、恋愛なし、食事とデートだけで援助してくれるというまるで現代版足長おじさんだ!って。

そこで知り合ったちょっと素敵なおじさまと始まった「パパ活」、でもその知り合ったパパはなんと!杏里が通う大学の先生だった。最初はそんなドキドキ感を楽しんでいたけれど、パパこと航(渡部篤郎)には10歳でなくした娘がいたと聞く。航の奥さん菜摘(霧島れいか)は、大学からの同級生だという芳樹(橋本さとし)と深い関係だった。

10歳で亡くした娘の面影を杏里に重ねている航に、杏里は今時の女子大生はそんなに綺麗事だけじゃないんだから!というのを見せる為に、航から借りている「隠れ部屋」で毎晩ドンチャン騒ぎをする。あげくにバイト先のコック見習いの実(健太郎)に彼氏のふりをしてもらって、ベッドにいるのを航に見せつける。航は、「もうわかった、夢からさめた」と言って杏里から離れてしまう。

でも、それが逆に航と杏里の距離を縮める事になり、ついに2人が結ばれる。幸せな二人だったが、航には杏里が知らない航の秘密がまだあったのだった。

 

第7話の見どころは?

自分の気持ちに気づいてしまった杏里(飯豊まりえ)は、航の元に一直線に向かっていく。航(渡部篤郎)もそんな杏里が可愛くてたまらない。周りに邪魔されずにやり直したい。何もかも忘れてパリに行こうと思う航。それを知った菜摘(霧島れいか)が、何やら不穏な雰囲気に。。。コック見習いの実(健太郎)が知った菜摘の秘密

菜摘が、娘に虐待をしていた!?一体どういうこと?娘が憎かった?邪魔だった?でも何で?娘を亡くした事を深く深く悲しんでいたはずなのに。。それを知った友達が「杏里も危ないかも」と言う。

予告では不敵な笑いを浮かべる菜摘がこれからラストへ向かう伏線となっているように思いました。航と菜摘と娘。一体本当の本当には何があったのでしょうか。

航は、菜摘から離れる事ができるのか。菜摘の狂気は杏里にどのように影響するのでしょか。次週は違う意味でハラハラしそうです。

 

第7話のネタバレあらすじ!

働いているレストランで賄いを食べていると、何か言いたそうに杏里(飯豊まりえ)の周りをウロウロする実(健太郎)。レストランのオーナーの芳樹(橋本さとし)から聞いた航(渡部篤郎)の秘密を伝えるべきか伝えないべきか悩んでいた。

言いずらそうに杏里に言った事は、航の10歳で亡くなった娘の血の繋がった父親は芳樹だと告げる。それを知った杏里は、今だに娘の死を引きずっている航に言えずに悩んでいた。

大学にある航の部屋には、航と娘と菜摘が写っている幸せそうな家族写真が飾ってあった。それを見て「やっぱ言えないよな」と思う杏里だったが、ある時航から借りている「隠れ家」に帰るとそこには菜摘と航がいた。テーブルの上には離婚届がおいてある

菜摘(霧島れいか)は、杏里に向かって「あなたのせいでこうなった」と言い放つ。しかし航が「彼女は関係ない、すでに破綻していたよ。」と杏里をかばうと、少しずつ菜摘が乱れてくる。「絶対に別れない、別れたら娘が可哀そう、娘の家族を壊すのは許さない!!」と叫ぶと、杏里が思わず言ってしまう。「本当のパパは違う人なのに」と。

菜摘は、知らなかったようで何のことかわからない証拠をだして!!と言うと、証拠を出してきたのは航だった

マンション(隠れ家)と自宅は菜摘に渡す、それで終わりだ。と言い切った航。

すべてを忘れて再出発をしたいと杏里に言う。二人でパリに行こうと決めるが、そうは簡単には進まない・・

 

第7話の感想

すごい秘密がありましたね。

まさかの、航が娘だと思っていた子は芳樹が実の父親だったなんて。

でも航は、自分の子じゃないと知った時に何よりも一番に考えたのは、この子を手放さなくてはいけないのかと思ったという気持ちでした。血は繋がっていなくても愛情を注いで大切に大切に育てて来たのだなと思いました。菜摘は航を愛するあまりの確信犯なのかと思っていましたが、菜摘自身は娘が航の子だと思っていましたね。芳樹は芳樹で、自分の本当の娘なのに父親だと名乗れなくて苦しんでいて可哀そうでした。そうですよね、芳樹は菜摘の事を愛していたし、その愛していた人と自分の子供だって知っていたら「父親」と言いたいですよね。

航と芳樹、1人の女性に振り回されていた。芳樹は菜摘(霧島れいか)が、情緒と言うか優しさに欠けていると。

子供を産んだからって全員が全員母性に目覚める訳じゃない、菜摘はいつも自分が一番に扱われないと気が済まないんだって。

それを聞いていた実(健太郎)が、「え?虐待?」と疑ってしまいましたが、さすがにそこはそうではなくて、娘に嫉妬してたんじゃないかなと、父親である航と仲睦まじくて自分よりもこれから美しくなる娘の事をいなくなればいいと思ったかもしれない。って芳樹が言っていたけれど、それって菜摘が起こした事故で娘を亡くしましたよね、それって・・・わざと?と思いたくなるような言い回しでした。

このドラマ、年上男性との恋愛話が中心だって思っていましたが最終回に向けてどんどん内容が濃くなっていきますね。航・芳樹・菜摘・杏里は、いったいどうなるのでしょうか。分かり合うのか?それとも決別?それとも・・・

 

第7話の再放送予定は?

放送を見逃してしまいましたか?

安心してください、放送終了から1週間以内であれば、民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)で視聴可能です。

https://tver.jp/

次の話が始まるころには見られなくなってしまうため、まだご覧になってない方はぜひお急ぎください。

残念ながら再放送も見逃してしまった方も安心してください。
今なら期間限定で無料視聴可能です。
  キャンペーンが終了して損をする前に、ぜひ視聴してくださいね。
 
花にけだもの
  ※キャンペーンが終了している場合がありますので、詳細は公式サイトで確認してください。

 

次回の展開予想!

7話のラストの方で、航(渡部篤郎)と一緒にパリに行く事でルンルン♪杏里(飯豊まりえ)でしたが、「隠れ家」に帰るとそこで衝撃すぎる現実を突きつけられてしまいます。私もまさかの展開にビックリしすぎて衝撃的すぎて言葉を失いました。こんなこんな展開ってありなの?って。

杏里が見てしまったものとは。いよいよ次回が最終回です。

航と杏里は二人でパリに行く事ができるのでしょうか。どうも雲行きか怪しくなってきています。怪しくなるどころか、もしかすると一緒にいられないぐらいの事に巻き込まれてしまったみたいですね。最終回、それぞれにどんな結末が訪れるのでしょうか。早く、早く最終回が見たいです

 

スポンサードリンク
 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、

について書かせていただきました。

 

[FOD見直し]
PREV:監獄のお姫さま第6話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?許せない!吾郎!
NEXT:さくらの親子丼最終話のネタバレあらすじ感想は?再放送予定と次回予想は?ついに最後の一杯