吉川尚輝がドラフト1位!?ポスト赤星のプロフィールと実力をチェック!

ec56
スポンサードリンク
最近ではドラフト1位候補として、中京学院大学の吉川直輝選手が急浮上してきました。 羽島市桑原中(中学はボーイズリーズ)→中京高校→中京学院大学と進学し、現在は正遊撃手を務める打撃と走塁に定評のある有望選手です。 (まだwikiはないようですが、絶対にプロになって作られるようになりますので、この場ではこのくらいのプロフィール紹介にしておきます) SEパパ的吉川選手評価ベスト3はこんな感じです

激務の日々か解放され、最近はプライベートをいかに豊かに過ごすかを考える余裕が出てきました。

さしあたり家でゆっくりと野球中継を見られることに小さな幸せをかみしめています。

今年は欲を出して大学野球選手権までチェックし始めましたが、早速ドラフトに向けて情報が錯綜してきましたね。

最近ではドラフト1位候補として、中京学院大学の吉川直輝選手が急浮上してきました。

羽島市桑原中(中学はボーイズリーズ)→中京高校→中京学院大学と進学し、現在は正遊撃手を務める打撃と走塁に定評のある有望選手です。

(まだwikiはないようですが、絶対にプロになって作られるようになりますので、この場ではこのくらいのプロフィール紹介にしておきます)

SEパパ的吉川選手評価ベスト3はこんな感じです(上から目線ですみません)。

スポンサードリンク
 

第3位:打撃

とにかく打ち分ける技術が凄まじい!

力より技、剛より柔のバッティングという言葉がよく似合い、見ていてとても気持ちよくなります。

スカウトからもバッティングに関しては柔らかくセンスがあると高い評価を受けています。

第2位:走塁

走塁が1位じゃないの!?と即思われる方もいるかと思います。

それだけその俊足には定評があります。

凡打を安打に変える初速の速さは目を見張るものがありますが、SEパパ的にはそのベースランニング技術の高さにため息が出ます。

そう・・・彼の描くアーチは美しい・・・

ポスト赤星憲広元選手と呼んでも過言ではありません。

それだけのポテンシャルを秘めた選手です。

そして栄えある第1位は・・・

ぜひとも守備を推させていただきたいと思います。

第1位:守備

バッティングセンスや俊足がクローズアップされがちですが、守備も一級品の選手です。

スピードを活かした守備範囲の広さは、現時点でもプロでやっていけるレベルである上、ショートだけでなく他の内野手も十分務め上げられるポテンシャルを秘めています。

プロからも「守備は広島の菊池級」と評されているとか。

ただ、センスだけではなく、ボールの持ち替えを意識した守備の基本を重視した練習が日々行われている賜物のようですね。

納得です。

実際にドラフト1位指名がかかるとすれば、本命は地元の中日、次点で阪神が濃厚と思われます。

これまで1位最有力候補だった創価大学の田中正義選手との1位争いも目が離せません。

興味のある方は神宮球場に足を運びましょう!

目下6/6(月)~6/12(日)で大学野球選手権開催中です!

吉川選手の中京学院大もまだ勝ち残ってますよ~

PREV:子供の遊び場!東京ドームシティアソボ~ノ!口コミレポート!【前編】
NEXT:子連れでランチ!chano-mama(チャノママ)が銀座に期間限定OPEN!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です