バーナンキが安倍首相や黒田日銀総裁と会談!市場の反応と為替を予想!

ec976
スポンサードリンク
アメリカ連邦準備理事会前議長のベン・バーナンキさんが来日し、 2016年7月11日:黒田日銀総裁 2016年7月12日:安倍首相 でそれぞれ会談することで調整が進...

アメリカ連邦準備理事会前議長のベン・バーナンキさんが来日し、

2016年7月11日黒田日銀総裁
2016年7月12日安倍首相

でそれぞれ会談することで調整が進んでいるそうです。

ben

安倍首相や黒田日銀総裁と会談へ=バーナンキ前FRB議長、来週前半にも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000171-jij-bus_all

名目はイギリスのEU離脱に伴う経済情勢に関する意見交換とのことです。
正直すごいタイミングで来るな~というのが率直な感想です。

というのも今のドル円はこんな状況。

usdjpy2

100円付近に抵抗線ができていて、100円を明確に割るかせめぎ合っています。

こんな状況で為替に影響力のあるこの三者が会談しようものなら、必ず市場に何かしらの影響が出ます

ではどのような動きが予想されるでしょうか?

スポンサードリンク
 

週明けの為替の動きは?

前述のとおり、現在ドル円は100円ラインを割るか割らないかでせめぎ合っている状態です。
何度も100円ラインを試しては反発し、試しては反発しを繰り返し、かなりエネルギーが溜まっている状態です。
これで100円ラインを明確に割れば、円安方向待ったなしなのが予想されます。
ただそのためには何か明示的なきっかけがあると変動しやすくなります。
そのきっかけが今回の会談にならないかという懸念があります。

会談では当然現在のアベノミクスに反した円高にも触れられることが予測できます。
その対策が話し合われ、会談後にその内容が世間にフィードバックされた時が問題です。

好材料なら良いですが、しょーもない内容だったならば市場は悲観的にとらえ一気に100円を割り込むきっかけとなりかねません。
ただ現状は市場全体が悲観的な反応を示しているので、好材料だったとしても反発の材料にはならないかなと個人的には考えています。

100円を割ったらどうすればいい?

取引をしたいのであれば、100円を割ってすぐに売りに入るのではなく、一度割ってからの押し目を狙って売りに入るべきかと思います。
100円付近と101円付近に抵抗線ができているので、一度100円を明確に割っても、100~101円の間に一度は反発してくることが予想されます。
ただそこからまた100円を割り、後は下がる一方になると思われるため、100~101円の間に戻ってきたときに売りを入れるのが常套手段かと思います。

チャートで見るとこんな感じですね。

usdjpy1

ただ本当にこう動く保証はない上、想像以上に大きな動きをすることも予測されるため、来週は静観するのが一番とは言っておきます。

スポンサードリンク
 

まとめ

来週は大きな動きが予想されるため、相当量の取引が行われることでしょう。

それをよしとするかは人それぞれですが、くれぐれも無理はなさらぬよう・・・

PREV:宇多田ヒカルの復帰アルバムのタイトルと発売日は?価格と収録曲も!
NEXT:藍田愛が美人だけどウザい?家ついて行ってイイですかでプロフィール公開!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です